中小消費者金融は、大手消費者金融と比べて審査が甘いイメージがありますが、誰でも無条件に貸し出すわけではありません。銀行や大手消費者金融とは異なる独自の審査基準があり、そのガイドラインに基づいて貸し出しています。ただし、この基準が甘めです。大きなポイントとなるのが借入総額であり、借入総額が年収の3分の1以上の場合は貸し出していません。大手消費者金融でもこの点は重視しますが、最も重視するのは「信用情報に傷があるかどうか」と「他社借入件数が多いかどうか」です。つまり中小消費者金融が重視するのは、現在の返済能力となっています。そのため過去に返済トラブルを起こして信用情報に傷が付いていても、安定した収入があれば審査に通るのです。さらに審査もスピーディーなので、即日融資が可能な業者がほとんどです。しかし甘い基準ですので、金利は大手よりも高く設定されており、無利息期間といったサービス期間もありません。そして甘い審査基準と聞くと、怪しい金融業者を想像してしまいがちですが、健全な中小消費者金融も多くあります。まず、セントラルです。ネット申し込みが可能で、発行されたカードは全国のセブン銀行ATMでも取引ができます。他社の返済を延滞中でなければ、ブラックにも対応しているので、かなり親切です。次にプランでも、ネット申し込みができます。借入の上限が50万円ですので借りすぎる心配がなく、現在の収入が安定していれば債務整理後でも申し込み可能となっています。同様にアローやフクホーなどでも、ブラックや債務整理後の利用者に対応しています。他にもキャレントにおいては、上限500万円まで借入可能ですが、こちらは事業者向け融資です。「設立1年以上の法人でキャレント利用が初めて」という審査基準がありますが、大手に比べればかなり甘くなっています。このように、中小消費者金融でも健全な業者が数多く存在します。「中小」という言葉に惑わされず、正しい情報で判断することが大切です。